保育士資格は大学へ行かなくても取得可能です

保育士養成校

保育士を目指すのなら専門的に学べる養成学校へ行くのが手っ取り早いでしょう。

保育士養成校で資格取得する場合、卒業できるだけの努力をすれば確実に資格取得 が見込めるというのが大きな安心感を与えてくれるでしょう。 在学中や卒業後に改めて資格取得のための受験は必要なく、卒業することだけに 全力を注げばいいので負担も少なく感じられます。 しっかり授業を受けて所定の科目・課程を履修して卒業するだけで、卒業式の日には 保育士資格が取得できることになりますので、確実に資格が取りたい人には一番 お勧めの方法になります。 また保育士養成校には保育士資格だけでなく幼稚園教諭免許も同時に取得できる とってもお得な学校もあります。 4年制大学では幼稚園教諭1種免許が、短期大学・専門学校では幼稚園教諭2種が 取得できますので、欲張りな考えを持っている人はついでに頂いてしまいましょう。 どちらも同じような印象を与える資格ですが、中身はもちろん違います。 もっておけば役立つ日もくるかもしれませんので、余裕があり可能であれば取得 させてもらいましょう。 保育士養成校へ通うことのメリットに、卒業後には保育園へ就職するためのサポート を期待できるというのもあります。 自力で資格を取得しただけでは保育園関係者に知り合いができるわけありません。 試験会場でスカウトされるようなドラマティックな展開もありませんし、試験会場 へ向かう途中で助けた老人がどこかの保育園のお偉いさんだった、なんてのも ありえない話ですし、受験以外の部分で人脈を広げることもまずないでしょう。 つまり資格取得したからといって就職先が決まるわけでもなく、一般的な就職活動 を開始できるスタートラインに立てたというだけです。 そこから知り合いもコネもない状態で求人に応募し、面接や採用試験をクリアして いかなければ保育士として活躍する未来はやってこないのです。 ですが保育士養成校の生徒なら、学校と付き合いのある保育園からも求人がきますし、 そこの生徒さんなら採用しようか、と積極的に採用してもらえる見込みがあります。 学校推薦を得られればさらに有利で、もう採用間違いなしでしょう。 学校としても就職率が高いほうが評判もよくなりますし、生徒の進路相談も熱心に アドバイスしてくれ、卒業後に就職浪人にならぬようサポートしてくれます。 保育士養成校では卒業・資格取得と就職がセットになっていると考えてもいいでしょう。 ですがメリットばかりならみんなが保育士養成校へ通うわけで、やはりデメリットも 少なからずありますので注意が必要です。 卒業・資格取得まではよっぽどやんちゃをしなければ誰でもクリアできるでしょうが、 誰でも等しく同じだけの期間を要します。 ここはもう覚えた、そこもとっくに覚えた、予習でどんどん先まで覚えた、卒業までに 覚える知識は全て身に付いた、という出来杉君のような秀才がいたとしても、 保育士になれるのはそこそこ要領のいいスネ夫君と同じ時です。 学校のカリキュラムは決まっており、それを全て修了するまではどんなに頑張っても 保育士にはなれません。 4年制の学校なら4年経つまでは、テストで100点取っても保育士にはなれません。 出来の悪い子にはありがたい保育士養成校ですが、出来のいい子にとっては無駄な 時間になるかもしれない、それが保育士養成校のデメリットでしょう。 もうひとつのデメリットは、高額な学費を支払うということです。 学校へ通うのでしかたありませんが、独学で頑張る人に比べたら学費は何十倍も かかってしまうことになります。 その点さえ問題にしないのであれば、確実性の高い保育士養成校は多くの人にお勧め の選択肢になります。