保育士資格は大学へ行かなくても取得可能です

保育士に必要な資格

保育士とは保育士資格を保有しており都道府県知事への登録をした者です。

小さな幼児に大人気の保育士さんは女性の憧れの職業ですが、どうやってなれば いいのか考えたことはあるでしょうか。 大学へ行って資格を取得する必要があるんだろうと思っている人が大半でしょうが、 実は大学へ通わなくても保育士になることはできるのです。 保育士として就職するには保育士資格を取得する必要があるのですが、この資格を 取得するには大学で学ぶことが大前提だと考えている人が多く、そのルートから 外れた時点で自分はもう保育士になれない、と諦めてしまう人もいます。 ですがそれは間違った認識で、大学へ行かなくても保育士になる夢はまだまだ 見続けることができるのです。 保育士資格を取得すればいいだけの話で、大学など養成学校を卒業することで もらえるその資格を国家試験を受験することで手に入れればいいのです。 保育士資格試験は年に1回行われ、受験するには一定の基準を満たしてなければ なりませんがそれほどハードルは高くありません。 主な受験資格は4年制大学を卒業したことがある、もしくは4年制大学に2年以上 在籍してそれなりに頑張り62単位以上習得している、あるいは4年制大学でなく 2年制の短期大学や専門学校に進学してまじめに勉強して無事卒業している、 などがありますが、保育士を目指す人ならこれくらいの条件は簡単にクリアできる ようでなければ先が思いやられます。 むしろこれでは条件が緩すぎるのではないかと思えてしまいます。 高校卒業後に保育士の卵を育てる養成学校へ進学していなくても、全く関係のない 自動車整備の専門学校へ進んで車の構造を学んだりエンジンの仕組みに詳しくなった としても、受験資格は与えられるのです。 (受験できても合格しなければ資格はもらえないですが) 養成学校へ行かずに保育士資格試験を受ける方法で憧れの保育士を目指す場合、 目標へ向かって勉強をする姿勢、たとえひとりきりでも孤独に負けず学習を積み 重ねる事がとても重要になります。 学校へ行って授業を受けるだけで資格が手に入るパターンならそれほど苦もなく 保育士になることが出来ますが、受験による資格取得を目指す場合はその試験に 合格しなければ先へ進むことができないので、試験合格が最優先事項になります。 いくら何百時間独学で自習しようと、通信教育でひととおり完璧に勉強しようと、 何年間努力した実績があったとしても試験に合格出来なければ意味はありません。 資格は持ってないけど保育士事情に詳しいただの人で、そのまま諦めてしまったら 何も残らない保育士もどきが1人誕生するだけです。 そんな中途半端で終わらせないためにもしっかり勉強して保育士の資格取得を目指す わけですがその道のりは様々で、参考書を大きな書店やアマソンで購入して独学で 知識を身に付けようと自宅でもくもくと勉強する人もいれば、通信講座を受講して 効率よく合格の秘訣を教わる人、専門学校へ通う人などがいます。 どの方法が一番いいのかはケースバイケース、人それぞれでこの方法はダメ、この方法 にしときましょうと誰にでもお勧めできるものはありません。 参考書片手に独学で勉強するのはお金があまりかからず、経済的に不安があり保育士 になる夢を諦めかけていた人を救う可能性を持つ方法になります。 お金持ちにとっては非効率的ですが、貧乏人にとっては保育士になる唯一無二の道です。 逆に大学へ行ったり通信講座を受講するのは参考書代の何倍もお金がかかりますが、 どこを覚えればいいのか押さえるべきポイントを効率よく学べ、独学よりもはるかに 短期間で試験に合格する実力を身につけることが可能になります。 このようにそれぞれメリット・デメリットがあり、その人の置かれた状況によって 資格取得までの最適な道のりは変わってくるのです。